FANDOM


キャラクター
ブルック・オーグスティン

Augustine
デルシンと初対面のオーグスティン
フルネーム: ブルック・オーグスティン
別名: DUPの局長
コンクリートの女王
所属: 統一保護局 (DUP)
職業: 統一保護局の局長
パワー: コンクリート
性別:
現状: 能力を剥奪されている (善のカルマ/カノン)
故人 (悪のカルマ/非カノン)
声優: Christine Dunford
登場: inFAMOUS Second Son

ブルック・オーグスティン (Brooke Augustine) とは、統一保護局 (DUP) の局長でコンジット。彼女は『InFAMOUS Second Son』の第一の敵対者である。本人がコンジットのひとりであるにも関わらず、公然とコンジットに対して、一般人として社会で生活しても活性化されると正気を失う「生物兵器テロリスト」とラベリングしている。またコンジットに対して過激派のスタンスを取っていることを除き、彼女について知られいることはほとんどない。


人物紹介 編集

若年期 編集

ブルックの若年期について知られていることはない。彼女は未婚で、ある時期に軍隊に入隊したと考えられている。

コンジット大虐殺 編集

Augustine Gets Concrete

爆発後に自分のパワーをアンロックするオーグスティン。

ある時期にブルックは、自分の眠っていたパワーがアンロックされた、凶暴なコンジット (推定上はビースト) との戦いに配備された。彼女は、コンジットを見つけ次第殺していく人々に憎悪している怒ったコンジットの暴徒に襲撃された無法都市を徘徊していたコンジットでもあった、セリアという名の若い少女を見つけた。オーグスティンとセリアは軍隊が自分たちを助けに来るまで何とか生き残った。


Augustine Dillema

オーグスティンのジレンマ。

しかし、軍隊は自分らが脅されている考え、オーグスティンはコンジットとして兵士としての間の自分の二重忠誠に悩んだ。最終的に彼女は、軍人と政府への自分の忠誠心に説得し、彼女の命を救うためセイラを石に収めるのに自分のパワーを行使した。


DUP創立 編集

Rise Of DUP

D.U.P. の創立

事件が起こってから、オーグスティンは、コンジットを嫌悪している人々からコンジットを遠ざけ、そしてたとえそれが彼らの自由を得ることだとしても、脅しでコンジットを殺したがっている軍隊から遠ざけるのがもっとも安全だと思い込んだ。この目的を達成するために、軍隊からコンジットを保護するという彼女の真の目的を隠して、表向きは一般人をコンジットから保護することを目的として、彼女は「統一保護局」(DUP : Department of Unified Protection) を創立した。

DUP創立の最初の年、DUPは300人のコンジットを補足し、Curdun Cay に彼らを監禁した。

財源の損失と苦肉の策 編集

DUP創立から7年後、DUPは支援と資金調達を失い始めた。DUPは自身の成功の犠牲になった。多くのコンジットが捉えられ、隠れて生き残っているコンジットがいる状況で、政府は生き残っているコンジットを、もはやDUPの存続を正当化するほどの大きな脅威とは見なさなくなった。DUPの活動停止に気が進まないオーグスティンは、DUPが阻止するコンジットを脅威としてDUPの重要性を再確認させる、別のコンジットの事件を演出する計画を立てた。

この目的を達成するために、彼女は3人のコンジット、ユージーン・シムズ、アビゲイル・ウォーカーハンク・ドートリーを選び出した。最初のふたりは自分の技に磨きをかけ彼らが見せかける脅威を増大させるために彼女が訓練させた。3人目は一生涯にわたる囚人で、脱獄して他の者を釈放する絶好の機会を与えるのを確実にさせた。オーグスティンは計画通りに3人が逃げる場所に護送車を配備していた。

デルシン・ロウ 編集

オーグスティンと彼女の部隊はすぐに脱出した。デルシン・ロウによって鈍化したハンクは不意に再逮捕され、デルシンと話をする前にコンクリートの中に閉じ込められた。彼女はデルシンがどうやってハンクと一緒に長く生き延びたのかをすぐに疑い始めた。彼女はさらに彼が、彼女とハンクを生物兵器テロリストではなくコンジットとして認識するときに何かを隠していると確信した。彼女は彼の脚にコンクリートのダガーを突き刺す残忍な尋問を始めた。そして彼女はベティーにも同じことをし始めた。デルシンは部族を見逃すたためにコンジットであることを認めるか (善の道)、自分の力を秘密にしておくか (悪の道) どちらかの選択をする。その選択にかかわらず、オーグスティンは同様に他のAkomishの部族に残忍な尋問をする。後に、オーグスティンは、他のふたりの生物兵器テロリストが逃げた後で、デルシンを残してシアトルを出発する。

生物兵器テロとの戦い 編集

彼女の部隊が都市の完全支配を確立すると、彼女は自分の力を行使して、囚人の脱出を阻止するために都市の外にあるすべての橋や道路を破壊または封鎖した。彼女の支配下で都市のニュースでは、彼女は脱出した囚人に怪物やDUPの英雄が見えるように囚人の行動の知覚を操作し始めた。デルシンが都市に侵入すると、オーグスティンは彼の一挙一動を監視しようとした。彼女は彼がDUPの装備に動力を供給するブラストシャードからエネルギーを吸収して自分のパワーを増大させる彼の能力に驚いた。そして彼女は彼と同じことを試そうとしても自分の無能さからそれができないことにさらに苛立つようになった。彼女はさらにデルシンの能力がネオンをコントロールするアビゲイルのパワーを得る他のコンジットのパワーを吸収することに衝撃を受けた。

ギャラリー 編集