FANDOM


2009年7月25日にソニーはサッカーパンチプロダクションズのゲームINFAMOUS〜悪名高き男〜を100万ドルの取引で長編映画に登場させられるようにと、脚本家のシェルドン・ターナーを選んだ。(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』の映画制作も担当した) アヴィ・アラッドが制作し、ソニーの重役 Matt Tolmach と Jonathan Kadin はそのスタジオを取り扱う。

「ゲームで私をもっとも興奮させたものは、大きなアイデアとキャラクターのことが頭に浮かんだ最初のときだった。」とターナーは言う。「私はゲームの将来を信じている。このゲームは、大きなもので楽しいが、それはラブバラードからハッタリ野郎、主人公コール・マグラスが何であるかということを取り除くことだと思う。」映画の開発で詳しい情報はなかった。


参考文献 編集